ケアンズでの日帰りファンダイビング

  
  ツサダイブ  |  リーフクエスト  |  シルバースイフト  |  シークエスト  |  ダイブセブンシーズ  |  シルバーソニック
 


スケジュール

厳密なスケジュールはボートにより異なりますが、基本的に、出航が8時から9時、帰港が16時から17時です。2~3ダイブ可能で、3ダイブの場合は午前中2ダイブ、午後1ダイブとなります。午前、午後とボートを移動してポイントを 変えますが、3ダイブの場合、3ダイブすべてポントを変えるボートもありますが、午前中の2ダイブでポイントが重複する場合もあります。2ダイブ、3ダイブともに帰港時間は同じです。ケアンズで半日でダイビングを楽しもうとすれば、 グリーン島に出かけるしか方法がありませんが、グリーン島でのファンダイブは、現在、事前予約ができなくなり、体験ダイバーの予約が優先するようになっていますので、実施できるかどうかは当日、現地に出かけて見なければ わからないという状況です。それに、正直なところ、グリーン島はグレートバリアリーフの内側に位置する島で、あまり綺麗とはいえませんから、グレートバリアリーフのサンゴ礁を満喫されたい方は、アウターリーフへの 1日コースがお薦めです。

ダイビングポイント

ダイビングポイントはアウターリーフと呼ばれるグレートバリアリーフの外縁部にあります。ケアンズ港からは、ボートにもよりますが、約90分程度です。グリーン島、フィッツロイ島などの島でダイビングする場合、これらの島は リーフの内側にあり、透明度やサンゴ礁の美しさという点では、アウターリーフのダイビングスポットにはかないません。グレートバリアリーフでは、環境保護のため、リーフの利用規制を設けており、各ダイビングサービスは、 利用するリーフに関して利用許可を取っています。従って、利用するダイビングサービスが決まれば、自ずとダイビングできるスポットが決まってきます。数日間、連続してダイビングする場合、ダイビングポイントが 重複しないためには、その日ごとに、ダイビングサービスを変えてみるのもいいかもしれません。

サービス名 ダイビング可能エリア
シルバースイフト  東側エリア(テットフォードリーフ、フリンリーフ、ミルンリーフ)
ツサダイブ  東側エリア(テットフォードリーフ、フリンリーフ、ミルンリーフ)
 北側エリア(ノーマンリーフ、サクソンリーフ、ヘイスティングリーフ、ミコマスリーフ)
リーフクエスト  北側エリア(ノーマンリーフ、サクソンリーフ、ヘイスティングリーフ)
シークエスト  北側エリア(ノーマンリーフ、サクソンリーフ、ヘイスティングリーフ)
ダイブセブンシーズ  ポートダグラスエリア(シルバーソニックを利用、エージンコート)
シルバーソニック  ポートダグラスエリア(エージンコート)

利用設備、島からのビング、ダイビング専用ボート、浮桟橋(ポンツーン)の違い

ケアンズ周辺のグレートバリアリーフでダイビングを行う場合、3つのパターンが考えられます。島からのダイビング浮桟橋(ポンツーン)を利用したダイビングダイビング専用船からのダイビングです。ダイビングが可能な島は、ケアンズ周辺に限っては、リーフの内側にありますので、サンゴ礁の美しさ、透明度などの点では、浮桟橋(ポンツーン)からのダイビングや、ダイビング専用船からのダイビングにはかないません。浮桟橋(ポンツーン)を利用するメリットは、「スペースに余裕がある」ということと、「揺れない」ということです。ただポンツーンは移動しませんから、海のコンディションによってポイントを変えることができませんし、 すべて同じポイントでダイビングを行うような場合もあります。いくつかのポンツーンでは、ファンダイビングでポイントが変えられるように、ダイビング専用のテンダーボートが利用できる場合もありますので、 事前に確認した方がいいでしょう。
ダイビング専用ボートでのダイビングは、利用できるダイビングポイントも多く、その日のコンディションによってポイントが選択されますので、常に、そのコンディションでベストなポイントでダイビングが楽しめます。3ダイブ可能なボートも多くなりましたが、3ダイブともポイントを変えるボートと、午前中の2ダイブが同じポイントで、昼食後移動して午後の1ダイブを別のポイントでダイビングする場合と、2つに分けられます。詳細は、それぞのダイビングボートのページを御確認下さい。

水中ガイド

日本のダイブショップ、あるいは、海外の日本人向けダイブショップでは、通常、インストラクターやダイブマスターが、安全管理も行いながら、水中を案内してくれます。ケアンズでも、そういったスタイルを取るダイブショップもありますが、多くのダイブショップでは、バディー潜水が基本となり、もし水中ガイドが必要な場合は、別途費用が発生するような料金システムを取るダイブショップが殆どです。
今まで、インストラクターやダイブマスターといったプロの水中引率付きでしかダイビングを行ったことのないダイバーは、「ガイド付き」のダイビングを選択した方が、ダイビングを楽しめるかと思います。
水中ガイドを付けるかどうか、判断に迷う方は、以下の基準が選択の目安になるかと思います。
・過去に、「水中ガイド」なしで、ダイビングを実施した事があるかどうか。
・自分たちで、ボートに戻ってこられるかどうか
・自分たちで安全管理ができるかどうか

レンタル機材

ケアンズの各ダイビングサービスのレンタル器材は、どこもよく整備されています。それに、レンタル器材代金も他のダイビングリゾートに比べれば、かなり安く($15.00~$25.00)設定してありますので、 こちらで借りてしまった方が、手間がかからず楽かも知れません。但し、ウエットスーツは冬場でも半袖、短パンというダイブショップが多く、日本人の方はかなり寒い思いをされているようです。 ウエットスーツとシュノーケリング用具程度は持参された方がいいように思います。ダイビングコンピューターもレンタル器材に標準装備されているダイビングサービスが殆どです。
ウエットスーツは、通年5ミリのスーツで大丈夫です。ただ、11月から1月にかけては3ミリのスーツの方が快適かも知れません。

ダイビング代金以外の追加費用

以下の項目が、ダイビング以外に必要な費用です。これらの費用は、ダイビング料金の中に含まれるダイブショップもあれば、別途支払いが必要なダイブショップもあります。殆どの場合、小額でもクレジットカードでの支払いが可能ですが、中には、現金でしか受け付けない場合もありますので、それぞれのダイビングショップのページで確認してください。いづれにせよ、お1人$20.00程度の現金は、お持ち頂いた方が安心です。

送迎代金 無料~$15.00
水中ガイド 無料~$15.00
環境保全税 無料~$15.00
燃料サーチャージ 無料~$15.00
ドリンク代金 船内で購入可(含むアルコール飲料)

事前に用意しておくとよいもの

・Cカード(ライセンスカードのこと)とログブック ※必携品です
・ジャケット(エアコンが強めに設定してあるボートが殆どですので、冷え防止)
・酔い止め(片道90分の船旅です)
・多少の小銭(上記の追加料金の支払い用、カード利用可)
・帰路の衣類(温水シャワーの設置されたボートもあり、特に冬場、濡れた水着を着替えてしまった方が快適です。)

その他のお役立ち情報

・体験ダイビングとファンダイブの方が一緒にツアーに参加される場合、同じボートに申し込めば、行程は同じになります。別々になってしまうのは、各ダイビング中の40分程度の時間だけです。ファンダイブの方が 体験ダイビングの方と一緒にダイビングされたい場合は、そのようなアレンジも可能です。

・ケアンズのダイブボートは大型のものばかりなので、持ち込み手荷物を水に濡れないように置いておける場所には、ことかきません。従って、荷物に関しては特別な配慮は必要ありません。ただ、貴重品は 預かってくれませんので、それなりの配慮が必要です。

・どのボートにもシャワー施設がありますし、もちろんトイレもあります。特に女性の方で、帰りの船中で濡れた水着を着たままではちょっと、と思われる方は、ダイビング終了後、シャワーを浴びて、 着替えることも可能です。船中は裸足で過ごせますし、濡れない場所はいくらでもありますから、特別、ビーチサンダルを用意する必要はありません。スニーカー等でも、全く問題ありません。

・どのボートにもカメラマンが乗船していて、ボート上、あるいは水中で記念撮影をしてくれます。特に、体験ダイビングの方で、水中での記念写真をご希望の場合は、その旨、事前にカメラマンに告げておけば、下船時に、 写真を購入できます。

・船酔いの心配な方は、前日、睡眠を十分にとって、朝食を適量に摂り、乗船30分前には酔い止めを服用して下さい。酔い止めは、各ボートの船内でも販売しています。日本から夜行便でケアンズに到着して、 そのままダイビングに参加、というのは、睡眠不足、空腹のダブルパンチになります。余裕を持ってスケジュールを立てて下さい。

・ダイビング終了後、最低でも18時間、可能であれば24時間経ってから飛行機に搭乗するようにして下さい。特に数日にわたってダイビングされる場合は、24時間以上経過してから飛行機に搭乗するようにしてください。